法事について

  • HOME
  • 法事について

故人を偲び、改めて今
生きている自身の存在を見つめ直す

お経をいただくということは、阿弥陀の本願に出遇い、
私の本当の姿に出遇うということです。
故人のいのちをご縁とし、
「あなたがあなたを生きればいいんだよ。そのまんまを生きればいいんだよ」
という心をいただく時間です。
そのような場をいただいたことに深く感謝し、
心しずかに「南無阿弥陀仏」とお念仏を称えましょう。

 何回忌まですればいいですかと質問されることがありますが、
しなかったら祟りがあるということではありません。
故人のことを想う間は続けたらいかがでしょうか。

仏教では法要を行う年が決まっています。
年の初めには、年忌法要を営む人がいるか家族で確認しておきます。
命日より前に行うのが慣わしです。
それよりも少し遅れたとしても皆が集まりやすい日程にしたほうがよいと思います。

令和三年 年回表(法事早見表)

一周忌

令和二年/2020年

三回忌

平成三十一年・令和元年/2019年

七回忌

平成二十七年/2015年

十三回忌

平成二十一年/2009年

十七回忌

平成十七年/2005年

二十三回忌

平成十一年/1999年

二十七回忌

平成七年/1995年

三十三回忌

平成元年/1989年

三十七回忌

昭和六十年/1985年

四十三回忌

昭和五十四年/1979年

四十七回忌

昭和五十年/1975年

五十回忌

昭和四十七年/1972年

百回忌

大正十一年/1922年